Take it easy

北朝鮮問題も落ち着き、あまりニュースも登場しなかったと思っていた矢先、今朝また北朝鮮がミサイルを発射した。800Km飛んだらしい。ゴールデンウィークにタイでテレビニュースを見ていて、ミサイルが発射され、地下鉄が止まった時は、少しは驚いたが、今となっては、なぜか茶番だったのかと思うほど、戦争など起こるような雰囲気でなく、あまり緊張感がない。
仮想通貨の方も、CoinCheckのトラブルは気になるし、相変わらずRippleの変動は大きいが、底上げされて総資産が1,000万円を下回らなくなったので安心している。こういうことを、ネットに書くとハッカーに狙われそうなので、あまり金額は書かない方がよいのかもしれない。昨日の夜中、CoincheckのRippleの売りと買いの価格に差がありすぎて、チャートもいびつな形になっており、他の取引所と比較してもまた障害かなと思わせる動きだった。家内に、Coincheckを勧めたばかりで、少し不安が残る。

日々、暮らしていれば、いろんなことに心配していてもきりがない。体調が悪かったり、些細なことで相手に腹を立てたり、そんなことは日常茶飯事だ。でも、今の自分は毎日とてもハッピーだ。
「Take it easy!」をタイトルにしている理由は、「頑張れ!」じゃなくて、「頑張りすぎるな!」を意図している。「気楽にやろうよ」という思いを込めて使っている。
気ままな毎日を暮らせればどんなにいいだろう。サラリーマン時代は、願っても叶わぬことだと思っていた。
しかし、3年前会社を辞め、1人で独立してからはとっても気が楽になった。
給料だって、ピーク時の3分の1になって、決してお金に余裕があるわけじゃないけれど、今の方がどれだけ気を楽にして暮らせているか比較できないほど幸せだ。以前は、営業成績を争ったり、人間関係で悩んだり、上司に気を使い、部下にも気を使い、会社の業績も心配で、勝手に自分を苦しめていた。
今は、1人で株式会社を創り、好きなように仕事をして、好きなように生活をする。きっと、もっと工夫して頑張れば年収も増えるのだろうが、売り上げが1千万円超えると消費税を8%も払わなければならないから、手続きも面倒なので頑張らないのだと本気で口にしている。
自分は、本当に恵まれている。家の借金はないし、娘はすでに働いて、息子の大学の学費も退職金で工面してしまっているので、お金の面で大きな心配はない。2人とも海外留学中は、毎年700万円以上の学費と仕送りが必要で本当に大変だった。
サラリーマンの時は、定年後どうやってお金を得るのかが心配だった。年金なんて当てにできないし、営業なんて年を取ってはつぶしが利かない。しかし、今はパソコンひとつあれば、なんとかなるという自信がある。NetHirobaの他のサイトで紹介している服やPCなんかも、少々売れるのでアフィリエイト収入も毎月こずかい程度ならある。
この3年間、委託を受け業務をこなしていたおかげでAdobe製品も、少なからず覚えたので趣味の延長で、Web作成を仕事にできる自信がついた。これなら、体力とあまり関係なく年を取っても続けられる。
すべては、願った方に向いている。

仮想コインについても、お金が欲しい3千万と願ったから、きっと3千万になるのだろうなと真面目に信じている。
昔、今は他界した親父に「夢かないます」という本を勧められ感動した。潜在意識に願いを伝えるための本だったが、確かに人間は自分が思い描いたような暮らしができるようになるのだなと実感した。
とはいえ、自分の願望を信じれば叶うということに、絶対の自信をもって信じ続けるということは簡単なことではない。誰しも、ネガティブな考えはしてしまうものだし、どうして自分ばかり不幸なんだろうとすぐ、他人をねたんでしまう。その際、多くの本は、自分を信じて強い心でポジティブに生きようということを推奨しているが、努力して頑張れば頑張るほど、こんなに頑張っているのにどうして?と他人をうらやむころになってしまう。
そこで私の生き方は「Take it easy! 」が気に入っている。
のんびり、あせらずゆっくりと好きなように生きる、過去はそんなことは許されないと思っていたが、これが一番幸せだ。気楽に自分の願望が叶うことを信じたら、幸せいっぱいの人生になるんだと今は感じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*