セミリタイヤしませんか

私は50代に入ってから、封印していた独立に向けてまた思いを寄せるようになって、結果的に今は一人で会社をやっている。
なぜ一人がよいのか?誰が何と言おうと自分で全て決めれる。上にも下にも気を使わなくてよい。しかし、すべて自分でやらなければいけない。
昔なら、脱サラという言葉が流行った。
ただ、会社が嫌なので早めに見切りをつけて辞めるという考えであれば、あまりお勧めはできない。正直、自分は会社で働いていて時間がもったいないと思ったので独立を考えた。
四十にして惑わず、という孔子の言葉があるが、自分は40代になっても、このままでよいのか、これでよかったのかと思いめぐらし、まったくどうしたらよいのか定まらなかった。40代といえば、企業戦士として多忙な日々に追われ、老後の心配なんてまだまだだと感じ、自分が会社を背負って立っているのだという思いの人もいっぱいいるだろう。下の者から頼られては、自分がしっかりしないといけないと責任感にあふれている頃かもしれない。しかし、どんなに頑張っても、所詮ズル賢いやつ、要領のいいやつばかりが得をするのが会社組織だということも身に染みて知らされる。
いつまでも威張っていたい奴は、どんな手を使ってでも、自己顕示欲を満たすために出世することを努力すればいい。しかし、そういう奴に限って、妬まれ、嫌われ、最悪は恨まれて生きることになる。それでも、本人が幸せならは、地位財をたくさん蓄え、自己満足の世界で生きていればいい。サラリーマン役員の成れの果ては悲しいものだが、お金があるから死ぬまで人を見下して生きていられる。とにかく、最後は誰も相手にしなくても、地位も名誉も勝ち取ったと本人が満足しているのだから幸せでいいのかもしれない。。

問題は、そのような人を見て、自分は負け組だとか言って下を向いてしまう人。とてももったいない。私は、40代は、人生の後半を生きるための準備期間だと思う。人には、それぞれの生活があるのだから、むやみに会社を辞めることを勧めるわけではない。会社を辞めても、充実した人生を歩むために今何をすべきかじっくり考え試行する時期だと思う。
自分も、50歳になったころ、好きなWebページ作成で、見よう見まねでファッションなどのアフィリエイトをして、月5万円ぐらい稼げるようになった。ほんの小遣い程度ではあるが、万が一の時はパソコン1つあればなんとかなるという、結構いいかげんな自信ができた。
趣味で金を稼げるわけがない、1人で会社なんてとんでもないと思っている人は多いはず。もちろん、そんなに甘いものではないけれど、好きなことをやっていれば、意外と苦労を感じるより楽しいものだ。そんな時は、お金がなくても熱中できる。試行できる時に、自分はどれくらいまで給与が減っても生きていけそうかを試すのをおすすめする。1千万年収があった人は、500万円の給料だと思って生きてみる。実際に、生活レベルを低く抑えることができれば、かえって心に余裕ができて幸福感が増した気になれる。
そして、本当にセミリタイヤできれば、何と言っても自分の思うように時間が自由に使える。私も、50を過ぎてから、圧倒的に読書量も増え、連続ドラマを見る時間も増えた。U-NextもアマゾンビデオもKindleもすべて有効活用させてもらっている。これだけ、知識欲が旺盛になってなかったら、仮想コインにも興味がなく、蓄財もできなかっただろう。
会社勤めの人は、「地位財」「非地位」を今一度よく考えて、今何をすべきか考えるべきだ。自分が今幸せなら問題ない。働くことにストレスのある人は、お金の価値、時間の価値を見直してみるとよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*