有機ELの実力

先週金曜日、有楽町にあるビッグカメラにスマホを見に行った。
現在Softbank Galaxy S6 edgeを使用しているが、すでに購入してから2年半が経過している。今まで、J-phoneの時代から、ケータイもスマホも2年以上継続して使用したことがなかった。ほとんどは1年ぐらいで交換している。携帯ははコスパが高いので、10万円ぐらいの出費は当然と思っていたので、ほぼ1年ぐらい新機種を1活払いで購入していた。というのも、分割だと残金が残ってしまうし、ヨドバシとかビックカメラで買うとポイントがつくから。
しかし、S6 edgeは知らない間に2年半も経ってしまった。気づいたのも、2年以上経って月々割りが効かなくなっていたので、いつの間にか月々のスマホ代が上がっていてわかった。とはいえ、なかなか他に変更する気がおきなかった。
以前は、1年ぐらいで充電器が弱るのでそれもあって早めに機種変更していたのだが、なぜがS6 edgeはまだバッテリーが壊れない。それ以上に変更しなかった理由は、Softbankが、Samsungのスマホを出すのをやめてしまったからだ。
S7が海外で発表された時、一早くソフトバンクショップに行って、いつ発売されるか聞きに行った。そこでは、わからないと言われ、その後、S8が発売になっても未だにSoftbankからは、Samsungのスマホは発売されていない。
S6 edgeは、正直デザインのカッコよさだけで選んだ。SDカードも使用できず、防水もついていないこと調べずに買ってしまった。ところが、画面が圧倒的にきれいで驚いた。夜写してもカメラ撮影がきれいで、動画もとてもきれい。
S6 edgeは、2年以上前に発売されているのに、画面が有機ELを採用しているので、圧倒的にきれい。おかけで、U-Nextやアマゾンビデオなどしょっちゅうスマホで見ている。

しかしさすがに、2年半経つとそろそろ何とかしなければと思い始めた。ドコモとauからは、S8もS8+も発売され、とてもかっこいい。ビックカメラへ行ったのは、Aquos Rが新発売されたから見てみようという思いからだった。S6 edgeにするまでは、ずっとシャープのAquosシリーズを使用していたので、ある程度思い入れはある。しかし、S8+を見てしまうとどうしても、有機ELの部分が見劣りする。それ以外の機能は、Aquos Rの方がよいのに、購買意欲がわかなかった。仕方がないから、ドコモのS8+の白ロムを入手して無理やり使用しようかとも考えた。ただ、Softbankのホームページを見ると、S6 edgeもまだ掲載しているようなので、それを探してS6 edgeのゴールドに変更しようかとも思って迷っている。

有機ELが好きなので、ビックカメラに行ったついでに、テレビコーナーを見ていた。そしたら、有機ELテレビがとてもきれいで見とれてしまった。ちょうど、LGの店員さんが、いろいろ詳しく教えてくれたので、ますます気に入ってしまった。実際のYoutubeや、地デジの画面も見せてもらったがホントに違う。4Kテレビもきれいだと思っていたが、有機ELはやはり別格。東芝やソニー、パナソニックも一緒に展示されていたが、どれもきれいで違いが分からないと話したら、すべて有機ELのスクリーンはLGが作っているらしい。そのせいか、他のメーカーは、55型でやっと50万円を切ったぐらいの価格なのだが、なんとLGは最新モデルですでに30万円を切っていた。後で価格.comで価格推移を調べたら、3ヵ月前の発売時より20万円ほど安くなっている。また、LGは3年目だから、いろいろすでにこなれているので、ドルビーアトモスなどいろいろついている。そんなことを聞いたら、とてもほしくなった。
しかも、LGがいいのは、U-Nextが、テレビでそのまま見れる。YoutubeやAmazonビデオも直接見れる。今は、PCを5年前の42型のREGZAの液晶テレビにつないでいるが、テレビで直接見れるので、YoutubeのHDRの画像や、Amasonビデオの4K動画も劣化なしにみれるとのこと。自分は、Netflixは契約していないので、あまり4K動画は意識していなかったが、Amasonビデオも4K動画があることは知らなかった。

おかげで、スマホも新しくしたいけど、有機ELテレビの方が先に欲しくなってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*