働き方改革とRPA

最近RPAを導入している、あるいは検討中の企業が増えている。
いろんなツールが開発され、業務効率化が進み、コンピュータの処理の多くはマシン室にあるサーバに集められ、スケジューラツールによって自動的に実行監視ができるようになってきた。
しかしながら、業務効率化できた分業務量が増えてしまい、オフィスで働く人は未だにPCを机に置きマウスを動かしとキーボードを叩いている。
この部分を、RPAが救世主となって自動化してくれる。
RPAツールの多くは、PC上での操作を記録して、自動的に動くように設定できる。エクセルのマクロを登録するかのように、Web操作や他の業務の連携の部分も登録できるが、マクロというのは、連続操作を記録するものなので、条件分岐等があればもちろん別に操作して記録する必要がある。
結局のところ、単純作業しか簡単にロボット化できない。あいまいな判断が必要な部分や、人の経験に頼るような部分については、何かAIのような仕組みと連携する必要がある。

働き方改革を推進するのであれば、今後このベテラン社員の経験に頼ってしまっていた業務についても自動化が必要となる。そうでなければ、いつまで経っても、ベテラン社員はテレワークでの在宅勤務ができないことになってしまう。
かといって、今流行りのディープラーニングは、学習させるデータが膨大でないと意味がない。そこで、弱いAIといわれる推論エンジンを搭載した仕組みを連携させれば、大抵の業務は自動化できてしまう。

それで、業務自動化が実現した後、業務担当者が自宅にいて誰がソフトウェアロボットを実行監視するのだろうか?
多くのRPAツールは、単独のPCしか動かないものは別として、クライアント/サーバ型で、中央で集中して実行やエラーの監視をする。これでは、ロボットを管理するために別にシステム管理者をアサインしてもらい、障害があったらその人に連絡をとらないといけない。だからこそ、自宅のPCからインターネットで、会社のロボットを実行監視できるROBOWAREみないな仕組みが必要だ。
これなら、ロボット間の連携ができるので、ソフトウェアロボット同士でバックアップさせ、電源が入っていないPCを起動して実行させたり、ネットワークプリンタとして定義されていない会社のプリンタにも印刷ができる。

なにしろ、自宅のPCで開発ができるので、ソフトウェアロボットを量産でき、将来は、VMや仮想デスクトップのサーバ側でソフトウェアロボットを動かせば、オフィス自体が東京にある必要がなくなり、郊外に住みながら働けるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*