法律という洗脳

NHKの問題がクローズアップされている。

ワンセグが見れるスマホやカーナビを持ったら、契約を義務付けられることが裁判で決定されている。たとえ、NHKが見れない地域に住んでても、移動できる機器は例外だそうだ。

やくざまがいの取り立て屋に頼んで、弱いものから取立てて、パトカーにカーナビがあっても警察からは受信料を取り立てない。

実質電通に乗っ取られてしまっているので、法外なオリンピック放送権などを払っている。

電気であれ、ガスであれ、お金を払わなければ止められるのに、スクランブルにせず、強制的に搾取している。別にNHKなんんて見なくても生活できるのに、放送法とかいう法律と盾に、巨大な利権で懐を肥やしている連中は、庶民の2.5倍の高給取ばかりで、お金に目がくらみ、世の中の常識からして間違っていると気づいても、一切変わろうとせず腐りきっている。

裏金や、不正経理が横行していているのに、法人税を払う必要がないから、税務署は怖くない。政治家も、ジャーナリストも、自分の保身であたりさわりのない行動しかできない。

そんな中、NHKから国民を守る党の立花代表は、勇気ある行動でNHKの闇を世間に暴露し、今まで聖域としてだれも手出しできなかった圧倒的な権力に立ち向かおうとしている。

彼が、Youtubeで、いままでマスコミやテレビでは絶対言えなかったことを、論理的に力強く解説しているのをみて、もの凄く頼もしく感じた。

旧態依然として残る、悪しき慣行は、Youtubeなど新しいメディアで、多くに人に知ってもらい、共感してもらうことができれば、民意をもって破壊できることを信じたい。

テレビが洗脳しているから、法律を守るのは当然だということで、誰も正しいとは思えないNHKの悪行を、年寄りを中心に正しいことだと信じ込ませてしまっている。

いいことも悪いことも、ありのままの情報がYoutube等によって伝わることにより、誰もが公平な判断ができるようにして、是々非々で少しでも弱い立場の人たちが幸せになる世の中になってほしいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*