テレビという名の既得権益

既得権益という言葉がある。

ある特定の社会的集団が歴史的な特別な経緯によって保持し続けている権益のことで、時代の流れにそぐわなくなったのにその特別な権利を持ったその社会的集団を非難するときによく使用される。

現在は、NHKがやり玉にあがっているが、社会的集団が利己的に活動すると、存続するにつれ勢力も拡大してしまい、そうなると何らかの既得権益を保持するようになってしまう。

N国党が、マツコデラックス氏をYouTubeで避難している理由が、テレビ局というものは、既得権益を利用して、一方的な主張を公共の電波を利用して、印象操作しているから絶対に許さないとのこと。

N国党に投票した有権者に対して、気持ち悪いとか、どうせふざけて投票したと非難したということだが、普通の人にとっては、 マツコデラックスという人は口が悪いから人々の共感を得て人気があるため、あまり違和感がないのだろう。

しかし、N国党の立花代表の主張はもっともで、これは氷山の一角で、こうした印象操作が当たり前のようにテレビを通じて行われていたことがとても怖い。

確かに、政府も国会議員も、お笑い芸人であってもテレビに出演する人は、その既得権益により、テレビ局にとって印象を悪くすることは絶対いわない。

そんな中、立花代表は果敢にYouTubeで、多くの芸能人などの既得権者の批判荷も負けず、徹底的に反論しているのがとても爽快だ。確かに、公正な方法をするのであれば、立花氏を生放送で出演させ、両方の言い分を聞いて、視聴者に判断させるべきだ。結局それができないのは、自分達の既得権益を守ろうとしていることに他ならない。

最近、うちのテレビは、テレビ放送よりYouTubeの視聴の方が多くなった。今後は、他の家でもこうした流れになって、YouTubeなどインターネットから個人が情報を取捨選択し判断しなければならないだろう。

フェィクニュースも多いネットでは、何が正しくて何が悪なのかとても難しい時代になってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*