韓国の反日という悪

韓国の反日感情が止まらない。

政府主導の不買運動、デモ、反日感情が韓国マスコミによって作られている。

日本のマスコミもひどいが、韓国はもっとひどい。明らかに間違った情報を流し、反日感情を煽り、情報操作している。その理由は、文在寅大統領の経済政策の大失敗を隠すため、わざと日本を悪者にして目を逸らさせようとするものだというのが、大方の見方だ。

徴用工問題にしたって、そもそも、日本が支払った賠償金が、被害者に渡っていない。それを、韓国国民が問題にしないのは、明らかに既得権益の連中による情報操作だろう。

そもそも、徴用工の賃金は正常に支払われており、労働者には自由があった、そしてお金も自由に使えたということがわかっている。この事実を書籍ににした韓国人は、脅迫にあっている。

仮に、百歩譲って日本人が当時、許されない酷い仕打ちを韓国の人たちにしたとしても、70年以上前の事。たとえば、おじいちゃんが、何か相手にとって悪いことをしたら、孫の代まで金をむしりに行くだろうか?

このあたりの感覚がおかしい。韓国があんなに不買運動していても、日本ではそういった気配がない。マスコミに洗脳されて、韓国人の感覚はおかしくなっているのだろうか?

このあたりの感覚がおかしい。韓国があんなに不買運動していても、日本ではそういった気配がない。マスコミに洗脳されて、韓国人の感覚はおかしくなっているのだろうか?

合理的考えても、反日運動は大半の人は得をしていない。むしろ、韓国人を苦しめている。これには、誰かが裏で儲けている奴がいるのだろう。

選挙のために、支持率アップを狙っているのであれば、それで市民の生活を脅かす韓国政府は、悪の権家だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*